読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花園メリーゴーランド ネタバレ結末ブログ

花園メリーゴーランドのネタバレ情報や結末を紹介していきます♪

花園メリーゴーランドの1巻のネタバレと感想【不気味な村のエロい風習】

f:id:zy1665x2:20170326041416j:plain

 

 

人里離れた村で独特な性因習を描いた作品で

トーリーが面白く、どっぷりと世界観に引き込まれました。

 

 

この漫画は、まんが王国で試し読みできます。

まんが王国で「花園メリーゴーランド」を読む

サイト内で「花園メリーゴーランド」と検索してくださいね。

 

 

 

1巻のネタバレ

 

 

当時、中学3年生の相浦は、父親から自分の家には先祖代々伝わる烏丸という刀が

あることを聞かされました。

 

 

 

しばらくして相浦は刀の話を思い出し、その刀を手に入れたい思い、

卒業式の後の春休みを利用して父の故郷である谷竹村へ向かったのでした。

 

 

谷竹村は、ローカル線やバスに何時間も揺られていくような山奥にあり、

相浦の父親家族は、昭和30年代に全員東京近郊に出てきてしまっていたのです。

 

 

 

相浦はバスで居眠りをしてしまい、降りるバス停のだいぶ先で降りることになり
仕方ないので歩いて戻ることにしました。

 

 

歩いているうちにあたりは、どんどん真っ暗になり

あんなところで寝過ごさなければという相浦の後悔は、あせりに変わっていました。

 

 

暗い中道にも迷ってしまい、困っているところをそこを偶然

通りかかった少女・澄子に助けられて、

相ヶ沢という場所にある澄子の家に行くことに・・・

 

 

 

澄子の家では、夕食にサクラタケとよばれる食べ物が出され、

とりあえず歓迎されました。

 

 

 

その日は、一晩ゆっくり休みますが、実は、相浦が泊まったところは

「まさがや」という民宿だったことが判明し、翌日、お金を請求されます。

 

 

 

しかし、相浦は財布を山道に落としてきてしまったため、

親に電話して郵便で至急お金を送ってもらうことにするのです。

 

 

 

 

その日のうちに、相浦は烏丸がある谷竹村まで行きますが、

烏丸にゆくえは知ることができず、帰り道に村のおばさんたちに拾ってもらい

相ヶ沢に帰ることに・・・

 

 

帰る途中で、村の中年おばさんさんたちとお茶を飲みますが、
なんと、そこのおばさんたちは体目的で相浦を襲って来たのでした。

 

 

 

その日の夜、おばさんたちに何かされたのではないかと心配した
澄子のおかあさんが寝室に来て、

相浦に抱きつき、「うんとやさしくしてやっから」と
相浦ははじめてを奪われてしまうのでした。

 

 

 

村の風習と背景

 

柤ヶ沢はかつて、当時の城主が敵に攻められて落城した場合に逃れられるように

こっそり逃げられるように作っておいた隠れ里だったらしいのです。

 

 

また、女性が33歳の大厄の年に若者と体の関係を持って厄を落とすという
風習があり、相手としては外部から来た客人が好ましいとされていました。

 

 

理由としては、閉鎖的な村内で血が濃くなりすぎないように

外部からタネをもらうという意味もあったらしいのです。

 

 

ちなみに、最初の夕食で出されたサクラタケという食べ物は

このあたりを治めてた殿様の好物だったらしいのです。

 

 

しかし、ある時側近が裏切って殿様を殺して、

 ここには殿様が女に生ませた子供がひっそり育てられいたため

この集落にも火をつけましたが、

 

 

その殿様を裏切った側近がサクラタケを食べられない体質だったため、

それ以降この地では、客が来るとサクラタケを出し、相手が信用できる人間かどうか
占うようになったといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

恐ろしいお宮さんの集まり

 

次の日の郵便のなかに親からの書留はなく、

相浦は、あともう一日ここに足止めになります。

 

 

 

暇な、相浦はお宮さんという場所に行くことにしますが、

そこは神社みたいなところでたくさんの女のひとがお祈りしていました。

 

 

相浦は建物の入り口で犬に吠えられて、
ドアに体をぶつけ、中にいるひとに気づかれてしまいます。

 

 

その瞬間は、中にいる女のひとが恐ろしい表情で睨んできました。

いつも優しかった澄子のお母さんも

「はっ・・早く!!出て行きなさい!!早く!!」と今まで見たことのない

表情で叫んで来たのでした。

 

 

 

果たして、そのお宮さんという場所では何か行われていたのでしょうか??

 

 

 

 

感想

 

 

1巻から閉鎖した集落の独特の世界観で引き込まれてしまいました。

この独特な絵柄が特徴的で、見てはいけない世界を見ている感じがして
どんどん読み進めてしまい、個人的にはとても面白かったです。

 

 

また、この作品の出てくる女性は、みんな妙なエロさがあり

これはこれでとても魅力的でした。

 

 

 

果たして、相浦は無事村を出ることができるのでしょうか?

それとお宮さんという場所ではなにが行われているのでしょうか??

結末が気になります。

 

 

 

 

この漫画は、まんが王国で読むことができます。

まんが王国はこちら

サイト内で「花園メリーゴーランド」と検索すると出てきます。

 

 

 

 ➡2巻のネタバレはこちら